トップ > 身体のこと > 初動負荷理論

初動負荷理論

8月31日の記事のコメントで、興味深い示唆がありましたので一応記事からもリンクをはって紹介しておきます。
走り方や重心のとらえ方について

コメントを頂いた方からも小山裕史先生の「奇跡のトレーニング」という本を紹介されていますが、確かにいい本だと思います。走り方や投げ方、打ち方などが紹介されています。

初動負荷理論は、大リーグのイチロー選手や、100M 10.00の日本記録(たしか黒人以外の世界最高記録だったかな)をもった伊東浩司選手などが取り入れていたトレーニング理論です。

今話題になっている古武術の動きだとかナンバだとかも、小山先生のおっしゃっているトレーニング理論と根本の部分は似通っていると私は感じます。

初動負荷マシンを利用できる施設が少ないのが難点ですが、走り方や巻末のちょっとした体操だけでもこの本の価値があると思います。

参考にしてみてください。

« 泉ピン子さんのダイエット法   ジョギングの時の服装 »

| 05-09-02 10:05

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.joyfullife.jp/mt/mt-tb.cgi/74

コメント

初動負荷マシーンを利用することができない人は、小山裕史先生が書かれた「野球トレーニング革命」という本のストレッチングとフリーウエート・トレーニングの欄を参考にすると良いかと思われます。

投稿者 Anonymous : 2005年09月02日 15:12

初動負荷マシーンを利用できる施設は、都内では町田市と品川区にあります。大阪だと、高槻市と大阪市にあります。あと、鹿児島市、高知県、秋田県にも初動負荷マシーンを利用できる施設があります。興味のある方はインターネットで検索してみるとよいでしょう。

投稿者 Anonymous : 2005年09月02日 15:37

すみません、あと千葉県にも初動負荷マシーンを利用できる施設がありました。

投稿者 Anonymous : 2005年09月02日 15:41

コメントありがとうございます。

野球トレーニング革命ですか。この本は読んでいないのでこんど参考にしてみます。

施設も、私が昔に調べたときに比べて増えてきているようですね。興味がある人はぜひ試して見ましょう。(私も含めて)

投稿者 管理者 : 2005年09月02日 18:10

初動負荷施設は、日本に10店舗あるそうです。しかしワールドウイングという名前がついている施設以外は、設備も指導者も充実していないようなことが書かれてありました。

投稿者 aya : 2005年11月24日 08:33

>ayaさん

そうなんですよね。施設だけではなく指導者も決定的に不足しているのが問題ですね。
本当に初動負荷理論でトレーニングをしたいなら鳥取に行けっていう感じなんですかねぇ。

ただ、すでに色々と考えながらトレーニングを実施している上級者や指導者の方は、体の使い方で参考になる部分を取り入れながら、様々な運動を実施することができるのではないかと思います。

投稿者 管理者 : 2005年11月24日 09:49

詳しく教えてください

投稿者 gh : 2006年01月11日 19:34

初めまして愛知県の野球少年です。足が速くならなくてどうしたらいいか分かりません。足が速くなるトレーニングを教えてください・・・本当にお願いします。

投稿者 愛知県の野球少年 : 2006年01月11日 19:47

>野球少年さん

返事が遅くなり申し訳ありません。
足が速くなるトレーニングとのことですが、現在走っているフォームも見ていないので正直なところなんとも言えません。
また、現在どれくらいの速さで、どれくらいを目指したいのかによっても多少トレーニングが変わってくると思います。

それを踏まえたうえで、以下のページのコメント欄を順に見ていけば参考になるかと思います。

http://kenko.joyfullife.jp/archives/200507/29-1447.php#comments
http://kenko.joyfullife.jp/archives/200508/23-1749.php#comments

次のページも走るフォームの話ですが、少し難しいかもしれません。
初動負荷理論ということであれば、参考になる話だとは思います。

http://kenko.joyfullife.jp/archives/200508/31-1015.php#comments

投稿者 管理者 : 2006年01月13日 13:10

こんばんは、初動負荷という文字を見て書き込みをしています。つい先日1月3日から7日までワールドウィングで合宿を行ってきたものです。 自分は6年前からこの理論に魅了され、多くの中学生や高校生を全中やインターハイ・国体に出場させてきました。 最高の理論ですが、なかなか教えられる人がいないため、間違った動きをして故障し衝動負荷なんて駄目だと批判する人がいますが、そんなやつに限ってちゃんと勉強していないもんなんです。 どんどん普及して日本のスポーツ界の常識を覆してほしいももです。 ちなみに医学界でも注目されてきたらしいです。

投稿者 ダイスケ : 2006年01月14日 19:51

>ダイスケさん

コメントありがとうございます。
初動負荷理論に対して、誤解をしている人が多かったり指導者が少なかったりというのはそのとおりなんだと思います。

聞きかじっただけですがよいと思うところは多いですし、これから誤解のないいい形で普及していってほしいですね。

もうひとつコメントいただいた
http://kenko.joyfullife.jp/archives/200508/31-1015.php#c186
にもコメントを返しますので、ご意見あればぜひお願いします。

投稿者 管理者 : 2006年01月19日 00:47

お久しぶりです。コメントありがとうございます。現在僕は中学三年生で、50m6秒5です。えきれば5秒9くらいになりたいと、思っています。これが、僕が目指しているタイムです。このことをふまえて初動負荷トレーニングを教えてください。ぜひ参考にしたいと思うので家でできるようなトレーニングをお願いいます。

投稿者 愛知県の野球少年 : 2006年01月19日 21:36

速く走るための一つとして、私が鳥取の初動負荷合宿で
最初に習ったのは2点着地走法です。普通の人は1点着地
で走る人が多いようです。

投稿者 年寄りプレーヤー : 2006年02月19日 21:09

コメントありがとうございます!2点着地方法とはなにかおしえてください・・・お願いします

投稿者 愛知県の野球少年 : 2006年02月19日 22:17

左右の足が一直線上になって走るのが一点着地走法。
二点着地走法は左右の足の軌跡が別々です。
陸上競技場などでやると良いのですが、白線の幅が
左右の足の間隔になるので、白線の右が右足、左が
左足で、走ってみてください。
初めは何も教えられずに走ったところをビデオで見たら
確かに一点着地でした。
二点着地走法で50mくらいをダッシュして、そのまま
二点着地で歩きながら戻ってくる、それを繰り返して
いたのですが、いつの間にか1時間以上たっていたのに
体が全く疲れてなかったので、その時とてもびっくりした
のを今でも良く覚えています。

投稿者 年寄り : 2006年02月20日 07:48

>愛知県の野球少年さん
仕事が忙しくブログをチェックできておらず1/19のコメントをスルーしていました。
ごめんなさい。

で、速く走る方法ですが、中3で6秒を切るとなると単純にコメントのアドバイスをするというのも
少し難しいかなぁとは思います。

その上でアドバイスするとなるとまずは
http://kenko.joyfullife.jp/archives/200508/31-1015.php#c186
このあたりのダイスケさんのコメントと年寄りプレーヤーさんのコメントあたりを
最初にトライしてみるのがいいと思います。

普通、学校で走り方を習うと
「腕を大きく振って」
「体をひねる力で」
「地面を強く蹴って」
「ももを大きくあげて」
なんて言われると思いますが、これは一旦忘れましょう。

これをやると一点着地になります。

その上で、上記で紹介させていただいたコメントを参考にしながら、
体の力を抜いて自然と前に重心を移動させれば徐々にスムーズな
走り方になると思います。
そして、地面を蹴るのではなく地面を真上から押さえるような感覚で
重心を足の裏に感じるようにするといいと思います。

あとは、いろいろな本やこういったブログのコメントを参考にしながら自分で
いろいろと試してみてください。

最後に家でできるトレーニングですが、片足で立つ練習が役に立つと思います。
片足に体重をかけ、ゆっくりともう片足を地面から離してみてください。
そのときに脚も体も斜めにならず真っ直ぐになったままで、体も揺れず自然と立てればOKです。
足裏全体、特に拇指球(親指の付け根)あたりにきっちりと体重を感じてください。
これを両足ともやるのは意外と難しいかもしれませんが、走っている最中の
重心ととらえ方はこれが基本になります。

投稿者 管理者 : 2006年02月20日 10:12

>年寄りプレーヤーさん

的確なアドバイスありがとうございます。
鳥取の合宿にいらっしゃったということですが、いろいろ他にもコメントできることがあれば
ぜひご教授ください。
これからもよろしくお願いします。

投稿者 管理者 : 2006年02月20日 10:14

ありがとうございます。少しまちがえました。中学3ねんで6.5はあっていますが高校2年までに5.9が目標でしたすいません。

投稿者 愛知県の野球少年 : 2006年02月20日 18:57

もうひとつ質問したいのですが、一点着地走法の短所と二点着地走法の長所をおしえてください。後二点着地走法をやってみたらすこしおそく感じるのですがそれはやりかたがちがうのでしょうか?それとも誰でもはじめは違和感をかんじておそくなってしまうのでしょうか?コメントお願いします!

投稿者 愛知県の野球少年 : 2006年02月21日 19:14

返事が遅れました。
例えば50mを走って、歩いて戻ってくる。それを10回繰り返し
タイムを計ってみましょう。人にもよりますが、5回目以降タイムの落ち方が一点着地に比べて二点着地は少なくないですか?
野球も9回(少年だと7回?)あるので、中盤から後半に走力の差があらわれてくる筈なんですが----

投稿者 年寄りプレーヤー : 2006年02月23日 08:24

ありがとうございます。二点着地走法だと足は速くなるんですか?

投稿者 愛知県の野球少年 : 2006年02月23日 22:42

馴れてくれば、速くなると思いますが、上記管理者さん2/20-
10:12のコメントや、去年8月~9月の重心の位置とか、色々
勉強して、ご自身で走法によるタイムを比較してみてください。特に片足のトレーニングは重要で、ジャンプ、バランス、スクワット、サイドステップ等色々片足でやってます。
私の場合は自分でストップウォッチでタイムチェックをやってます。もう55歳なので、レベルは低いのですが、100mダッシュを1~5回目までは13秒何とか切れます。

投稿者 年寄りプレーヤー : 2006年02月25日 06:05

コメントありがとうございます。ほかにあしを速くするためにやったほうがいいトレーニングなどありますか?

投稿者 愛知県の野球少年 : 2006年02月25日 21:01

中学生の場合は体がまだ出来上がってないので、負荷をつけた
トレーニングはしないほうが良いと思います。
自分の体重のみの負荷で出来るトレーニングの中では片足でやるものがベストです。肩甲骨、腸腰筋、ハムストリングといった大きな筋肉を鍛えましょう。走力に関しては、あと足底筋とふくらはぎ辺りも鍛えた方が良いかな。
二点着地走法の最大のメリットは故障しにくいことと、疲れにくいことだと思います。
負荷を加えた本格的な筋トレは高校生になってからが良いのでは?
価値観の問題もありますが、中高で頑張ってインターハイ出たけど体をこわしたとか、昔はすごかったらしいけれど、今はぶくぶくして、インターハイの成れの果てだね~とか---
私自身は10代は剣道をやっていて(一応副将でした)30才くらいまでやってたのですが、気持ちが10代のままで、このままでは大怪我するのではと思って、それからは30代野球,40代サッカー、50代テニスとそれぞれ種目を変えてその都度新しいスポーツの難しさを楽しんでます。
スポーツは生涯楽しんでいくという考えも良いですよ。

投稿者 年寄りプレーヤー : 2006年02月26日 08:16

>年寄りプレーヤーさん
55歳でその体力を維持しているのはすごいです!!
私もぜひ見習いたいと思います。
生涯健康で楽しんで体を動かせるようにしたいですよね。

>愛知県の野球少年さん
トレーニングに関しては私も年寄りプレーヤーさんの意見に賛成です。
自重で大きな筋肉を鍛え、片足でのトレーニングでバランスを養い、
重心の位置や、体のどの位置に力がかかっているかなどを感じられるようにする。
これで運動神経もよくなっていくし、故障しにくい身体作りができます。

それから二点着地についてですが、慣れると速くなるというのは同感です。
ただし、従来の走り方と同じように腕を後ろに大きく振ったり、力いっぱい地面を蹴ったり・・・
というのでは効果は半減します。

地面を後ろに蹴ったり、腕を大きく振ったり、身体をひねったり、こうした力の
反作用で前に進むというのは身体への負荷も大きいし、無駄が多くなります。

胸の辺りが前に引っ張られて身体の全部が前に進んでいるような感覚を持ってください。

この辺は感覚の話なので、話だけ聞いて実行するのはなかなか難しいかもしれませんが、
いろいろな人の意見を聞きながら自分にしっくりくる走り方を探してください。
(もしくは実際によいコーチにつくというのも手っ取り早いのですが・・・)

最後に、私の感覚をいくつか挙げてみます。
全部ではなく少しずつ意識してみて、自分にしっくりくるものがあれば採用してみてください。

・骨盤を前傾させる(黒人選手のようにお尻がキュッと上がるように)
・胸が前に引っ張られている感覚で、自然と身体が前に出て行く
・バランスが少し前にくずれ、重心の位置が滑るように前に進んでいく
・無理矢理前に進もうとはせず、重心が移動する感覚を大切にする
・地面を蹴るのではなく、地面を真上から押さえる感覚
・脚の付け根(股関節の前側)に体重を感じる
・体重を感じても、脚を突っ張らず逆に力を抜くような感じ
・脚に力を入れるのであれば、股関節に体重を感じたときにお尻のあたりが締まるような感覚で
・重心を上手くとらえると足裏全体に体重がかかる
  ⇒逆に上手くいかないと、足のアウトエッジにばかり体重が乗ってしまう
・上手く重心をとらえ始めると自然と足が動く

投稿者 管理者 : 2006年02月27日 10:06

ありがとうございます。もうひとつ腹筋、背筋、うでたて、スクワットはどれくらいやったらいいのですか?ピッチャーになりたいのですが・・・・・・

投稿者 愛知県の野球少年 : 2006年03月06日 19:02

腹筋、背筋は回数よりも毎日やることの方が大事。野球の練習
を毎日やっているなら程々でOK.
腕立ても膝をついて負荷を軽くして、腕を伸ばした時に体が浮き上がるようなやりかたがベター。回数はそんなに多くなくて良い。
スクワットは膝を120度以上曲げすぎないようにして、通常
のやりかたと片足とを交互にやる。
他のトレーニングとの兼ね合いもあるが、中学なら回数少なく
ても毎日ストレッチ系も入れて、色々な種目をやるほうが良いと思います。そのうち自分の体、健康状態、競技種目にあった
やりかた、頻度等が自然にわかってきます。

投稿者 年寄りプレーヤー : 2006年03月13日 21:09

ありがとうございます。1日どれくらい走ったらよいでしょうか?

投稿者 愛知県の野球少年 : 2006年03月14日 23:24

暫くコメントしませんでした。
最近私が始めたのは高地トレーニングの代替です。高地だと酸素濃度が薄いので、ランニングすると心肺能力が向上するため、マラソン選手などが良く活用しています。
自宅付近ではそれが出来ないため、私は代わりにマスクを何枚か重ねて口と鼻を覆い、呼吸をしずらくしてランニングしています。最近はマスク4枚重ねに加えて、階段を1000~1500段程度昇って降りるというトレーニングをして効果を確認しています。時には軽い鉛スーツ(3kg程度)を着用したりしています。いろいろ組み合わせて徐々にきつくしながら、自分に合った練習をしてみると良いと思います。

投稿者 年寄りプレーヤー : 2006年09月22日 21:48

大阪市内にある初動負荷があるところが知りたい。
誰か教えて下さい。

投稿者 金彩華 : 2007年03月20日 13:28

大阪市内にある初動負荷があるところが知りたい。
誰か教えて下さい。

投稿者 金彩華 : 2007年03月20日 13:29