トップ > ダイエット全般 > 泉ピン子さんのダイエット法

泉ピン子さんのダイエット法

泉ピン子のダイエット人生

最近ダイエットの成功例としてよく見ますね。
適度な運動をして食事制限という、オーソドックスな方法です。
すごくいいことも書いてあります。運動を継続する。食事を見直す。ミネラルなどが足りなくならないように多くの品目をバランスよく取る。よく噛んで食べる。みんな大事なことです。

でもテレビでみたところ、食事内容には少し疑問を感じました。
いくらなんでもカロリーを抑えすぎじゃないだろうかというような食事内容だった気がします。私が見たテレビでは1000kcalを切っている食事内容でした。
ブログにも1200kcalをめざし、と書いてありますがそこまで減らすと減らしすぎです。たんぱく質も足り無そうな食事内容だったので、筋肉や骨も一緒に痩せてしまいそうです。

それからサプリメントに頼るというのも疑問です。
まずは運動と食事、補助的にサプリメントというのなら分かりますが、いかにもサプリメントが大事だというように話をしているのが気になります。(そのほうが商売的にもいいだろうし、これ飲めばいいと言ったほうがとっつき易いのでしょうが・・・)

画期的な新しい方法であるかのように次々と○○流ダイエット法なんていわれますが、あまり惑わされすぎないようにしましょう。
冷静に考えて、いいところだけうまく取り入れてダイエットを成功させられるといいですね。

« よい姿勢に関する疑問   初動負荷理論 »

| 05-08-31 10:15

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.joyfullife.jp/mt/mt-tb.cgi/73

コメント

私は走動作で腰から上は一枚いたになった感じでねじらないというのは間違っていると思います。確かにスピードが上がっているときはその姿勢でも重心は拾えますが、それは一時的なものであり、長い距離になればなるほど、上半身に緊張が高まり、前傾を保とうとしても上半身が浮き上がってしまいます。ひねり動作により、初めて正確な自信の重心を拾うことができるのです。参考として月刊陸上競技の金丸選手の走動作を見てみると良いでしょう。上半身をひねり効率的に重心を拾っているのがわかります。

投稿者 Anonymous : 2005年09月01日 16:18

自信の重心を片足で支えたときに、その支え脚が、地面に対し垂直になっていることが重要です。地面に対して支え脚が垂直になっていない限り、走動作、歩く動作での正確な重心を拾うことは不可能でしょう。ほとんどの人は身体の筋肉が硬いために関節稼動域が制限されて、支え脚が地面に対し垂直に保つことができません。イチロー選手は片足で身体を支えたときに、その支え脚は完全に地面に対して垂直に保つことができます。参考として、小山裕史先生が書いた「軌跡のトレーニング」という本を読むことをお勧めします。

投稿者 Anonymous : 2005年09月01日 16:36

コメントありがとうございます。
この記事( http://kenko.joyfullife.jp/archives/200507/14-1842.php )に対するコメントですね。

小山先生の「奇跡のトレーニング」は拝読していて、垂直軸についてまさにその通りだと思っています。

私も実際の動作で完全に上半身が一枚板になるとは思っていません。自然とひねられるようになると思います。
ただし、実際には上半身をひねりすぎているというか、ひねる意識が先にたっている場合が一般には多いと感じています。
そのため上半身は一枚板のつもりで動作したほうが、垂直軸についても地面をつま先でけらない感覚についても理解が早いかなと思った次第です。(記事にちゃんと書いておけっていわれそうですが。)

また、垂直軸に関してはこちらの記事( http://kenko.joyfullife.jp/archives/200508/23-1749.php )に似た話を書いていますが、重心を捕まえるというのが難しく、なにか動作をするときには肝になるんでしょうね。金丸選手の走動作についても参考にしてみますね。

私も陸上が専門ではなく分からないことも多いため、もし垂直軸や走動作についてよい練習方法や感覚のつかみ方があればぜひ参考にさせていただきたいと思います。よろしければご教授いただければ幸いです。

投稿者 管理者 : 2005年09月01日 17:19

私は上半身をひねることによって、本当の自分の重心をとらえることができると思っているのですが、どこの地点まで身体をひねれば良いのかと聞かれると、最も自身の重心を拾える地点と私は応えます。そのポイントを練習で見つけることは楽しいことです。しかし、身体の筋肉が硬い人はその地点を探すことは非常に困難なことだと思います。またそのような人は、ひねり動作を行いながら走るという動作をすること自体、困難でしょう。そのような人がひねり動作を行い自身の重心をとらえようとしても、筋肉の柔軟性が低いがために、身体全体の筋肉に緊張を与えてしまうので、自身の重心を適確にとらえることができないでしょう。限りなく身体全体の筋肉がリラックスした状態でひねり動作を行うことができるかが重要になってきます。またつま先で地面に着地せずに地面に対してフラットに着地し、なおかつ自身の重心を適確にとらえるためには、技術以前に、身体全体の筋肉の柔軟性が非常に高くなくてはできないことです。特に股関節、脚の裏もも、背中全体の筋肉と横腹全体の筋肉が柔軟性に富んでなくてはなりません。意識せずに自然にかつスムーズに膝から下の脚を出すためには、特に股関節と脚の裏もも筋肉の柔軟性が高くなくてはできないことです。それらの部位の柔軟性が欠けている人は、それらの部位の筋肉の柔軟性を高めることをお勧めします。それらの部位の筋肉の柔軟性が欠け、股関節の稼動域が狭いひとは、どう試行錯誤したとしても、無意識にかつスムーズに膝下を出すことはできないでしょう。解決策として、身体全体の筋肉の柔軟性を高めるためには、初動負荷マシーンを利用することをお勧めします。

投稿者 Anonymous : 2005年09月02日 00:49

膝下が無意識にスムーズにかつ自然に出ることにより、初めて地面に対してフラットに脚を着地しるこができるのです。

投稿者 Anonymous : 2005年09月02日 00:55

システムの故障か知りませんが、9月1日の17:19の投稿者は管理者ではありません。宜しくお願いします。

投稿者 Anonymous : 2005年09月02日 01:03

17:19の投稿は私なので見間違いですかね。

重心の話はよくわかりました。ひねる力を利用して進む(地面を蹴る)のではなく重心をとらえるためにひねるというのであれば、とてもよくわかります。とくに筋肉を緊張させないでというのが大事だと思いますが、確かに難しいですね。

筋肉の柔軟性も非常に共感できます。特に骨盤回り(股関節、大腰筋など)の筋肉が非常に固い人が多く、そういった人はそもそも普通に立ったり歩いたりするだけでも、よい姿勢をキープするのが大変でしょうから。

まだ使ったことはないのですが、初動負荷マシーンにも興味があります。ただ、一般の人が継続的に使用するには、いくらなんでも施設が少ない気がします。都内に1箇所くらいしかない施設にいくか、本格的に指導を受けたいなら鳥取に行くのか、どちらにしても難しい人が多いでしょうね。「奇跡のトレーニング」の巻末にもいくつか体操の方法が書かれていますが、もっといろいろな運動がマシンなしでできるか、マシンが普及するかどちらかになって欲しいです。

投稿者 管理者 : 2005年09月02日 09:37

17:19の投稿は確かに管理者のものです。私が勘違いしていました。大変失礼しました。

投稿者 Anonymous : 2005年09月02日 15:28

 先日、ワールドウィングで合宿をしてきたものです。ここで話題になっている状態の使い方ですが、捻るという発想ははっきり言って違います。 上体の使いかたつまり腕振りにヒントがあるのです。 右手から腕振りをするとしましょう。その時手首を内側に捻り(かわし動作)手のひらで水をかくような動きをします。そうすると自然に体が前えに出ます。左手も同じ動作で行うのですが、手で上体をリードするので、上体が捻られていると見誤るのです。この時肘は体の後ろに引いてはいけません。と言うか引けません。 皆さんやってみてください。質問などがありましたらメールください。

投稿者 ダイスケ : 2006年01月14日 20:07

>ダイスケさん

ダイスケさんからコメントをいただいた、
「手首を内側に捻り(かわし動作)手のひらで水をかくような動き」
「自然に体が前に出ます」
「手で上体をリードする」
「肘は体の後ろに引いてはいけません。と言うか引けません」
のあたりは非常に参考になりました。

私は初動負荷理論を実際に指導受けたわけではないのですが、捻るという発想が違うというのは分かります。
捻る力で前に進むというのは明らかに無駄な動きで間違っていると思います。動作をするときの意識としても捻るという意識が先にたつと無駄な動きが多くなる気がします。

ただし、見た目としては上体が捻られて見えないこともないため、上記のコメントのような意見(体を捻って重心を捉える)が出るというのもわかります。見た目と意識の違いや動作の順序の違いなので、実際に色々と体を動かしている人でないと正直言って感覚が伝わるのかどうかは難しいと思いますが…。

ちなみに私の専門の空手でも、突きを出すときに「手から動き出す」「中丹田(胸のあたり)を意識して動作をリードする」なんて話が最近出ていますが、本質的には初動負荷理論と似たような話なのかなぁなんて思っています。
結果的に捻る動きではなく、自然と体重が前に移動する動きになります。私の感覚としては体を捻るのではなく、体重を乗せて前に押し出すという感じなんですが、はじめての人にどう説明していいのかは難しいです。

ということは指導者としてまだまだ未熟なんでしょうねぇ。

また、色々なご意見や初動負荷理論に基づいて動作を説明するときのいい方法などあればご教授していただければうれしいです。

それではこれからもよろしくお願いします。

投稿者 管理者 : 2006年01月19日 00:48