トップ > 有酸素運動 > ジョギングシューズの選び方

ジョギングシューズの選び方

シューズ選びはジョギングを快適に続けられるかどうかのかなり重要な要素だと思います。

私がジョギングを始めたときは、普通のスニーカーで走っていました。運動用じゃなくって普通のadidas(STAN SMITH CONFORT)でした。重いし、クッションはないし、靴擦れするしで怪我の可能性もかなり高くなります。実際かかとが痛くなったり、膝が痛くなったりを繰り返していました。

では靴選びで気をつけるポイントをいくつか考えて見ます。

まず行く店を間違わないようにしましょう。スポーツ用品店に行くべきです。普通のファッション靴店に行くのはやめましょう。普段履くようなスニーカーと走るときの靴は全然違います。「ウォーキング」って書いてあるしまあいいかと思うと失敗可能性が高まります。
それから試し履きができないので、今使っているのと同じ靴を買うとき以外はネットショッピングもやめたほうがいいです。

お店にいったら大事なのは試し履きをすることです。まぁ当たり前なんですが、ちょこっと足を入れてみて入るか入らないかのチェックや見た目のチェックだけじゃダメですよ。「ちょっとつま先がきつめだけどカッコいいからいいか」なんて考えたりしたら致命傷です。両足をいれて少し歩き回ってみましょう。つま先がほんの少しあまるくらい(足の指を動かせるくらい)がいいです。走っているうちにだんだん足がむくんでくるので、普段の状態できついと走ったときもっときつくなります。お店の人に嫌がられても、何足も試しに履いてみて、自分の足の形に合うものを選びましょう。

次に気をつけるのはクッション性です。
「軽くていいじゃん、なんだか意外と安いし、しかも上級者用だ、これにしよう」
というのは失敗例です。はじめての時は初心者用、少し自信があるひとでもLSD用といわれているシューズにしましょう。上級者用のシューズは軽さを追及してクッションも薄くなっています。実力が伴っていないと怪我の原因になります。

ここまですべてOKなら、後は見た目や軽さ、好きなブランドなどで選んでください。

あと、シューズは毎日はいていると消耗が早くなります。できれば二足用意して交互に履くとベターです。
長くジョギングを続けている人は靴底の減りにも注意してみてください。

« 肩が痛いのでグルコサミン   自宅で運動したい(有酸素運動編) »

| 05-07-29 14:47

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.joyfullife.jp/mt/mt-tb.cgi/58

コメント

こんにちは。シューズは本当に大切ですね。私は、Adidasの、Supernova Controlと、AsicsのGT-2090を使っています。非常に安定した感じです。

ジョギングシューズの選び方で、ひとつ私が大切にしているのは、スタビリティ(安定性)です。ランディングするときに左はニュートラルですが、右足だけ内側に入るようになっているらしく、長距離を走った後、膝などに痛みが出たりするのも右足だけです。どうしても身体の左右のバランスが均衡でないため、そうなってしまうようです。

私のように、ランディングの足が偏ったりしていると、クッション性も大切なんですが、着地の時の安定性と相反するため、そのバランスが非常に難しいと感じています。クッションがないと、足の裏が痛くなりますしね。安定が悪いと、膝などへの負担も増えますし。

後、膝へのショック軽減のため、足に合わせて作ってもらった、土踏まずサポートの中敷も入れています。

サイズは、アメリカで靴選びをしたとき、シューズサイズでは1つ大きいサイズを、といわれました。日本のサイズだと、普段の靴のサイズより、1.5cm大きいサイズということになりますね。

これからも記事、楽しみにしています。

投稿者 mikiogura : 2005年08月10日 04:02

スタビリティは確かに重要ですよね。クッション性と相反するというのも確かのその通りだと思います。特に長い距離を走るとちょっとした問題が大きな問題になるのでシューズ選びは難しいですね~。

私の場合、左足の外側に重心がかかってしまい、左膝にも負担がかかってしまっていました。
ストレッチやバランスのトレーニングをしながら少しずつ矯正してだいぶよくなりましたが、まだ油断すると左膝に負荷がかかってしまうようです。

サイズの話、参考になりました。1.5cmっていうとかなり大きめですが、ぴったりしたシューズだと少し走っただけで痛くなってしまうので、大きめサイズというのはその通りですね。

投稿者 管理者 : 2005年08月10日 10:33

こんにちは。初めてお便りします。ジョギングシューズの選び方、大変参考になりました。
9月19日に子供の幼稚園で運動会があります。そのプログラムの父兄リレーメンバーになっている為、練習を少し前から開始したところでした。3人の息子がいまして、かれこれ4回目の出場になります。毎年そのときだけだからとシューズを買う事もなかったのです。当日は裸足で走るし・・・。ところが年齢も確実にあがってきましたし、練習だけで疲れるみたい・・・とシューズ購入を思い立ったわけです。
お聞きしたいのは、話題がずれるのですが、短期間でのスピード練習法です。あまり普段運動らしい運動をしていない一主婦にもできる効果的なスピード練習などはないでしょうか。昨年までは、アルミホイルの芯を持っての腕ふり、腿上げ、普通のジョギングに、ダッシュのようなものをやっていました。園庭一周は小さいため、カーブ、直線、カーブとあっという間にやってくるのですが、転ぶ人も多く、ちょっとした駆け引きとなります。たかが運動会されど運動会。毎冬、ほとんど毎週のようにスキー(車で3,40分でスキー場です)にでかける私達家族。この初秋の運動開始は私にとって、結構大きな意味をもつものとなっています。ちょっとレベルの低いお話しでお恥ずかしいのですが、よろしくお願いします。

投稿者 みーたん : 2005年08月30日 16:07

まず、筋力をつける、筋肉を増やすというのは短期間では難しいですが、普段の運動量が少ないのであればみーたんさんがすでに言っている通りダッシュの練習をすることで筋肉が活性化して少しは速く走れるようになると思います。腕振り、腿上げも効果があるでしょう。腿上げをやるときは腰や股関節をつかって腿を上げるイメージをもってください。いきなりではなく、徐々に量や強度を増やすようにしてください。

でも根本的に速く走れるようになるためには、フォームを考える必要があります。
実際にみーたんさんの走り方を見ていないのであまり無責任なことはいえませんが、ふくらはぎの力で地面を蹴って進むのではなく股関節を上手く使うことが大事です。そしてそのためには姿勢や重心の位置を正しくすることも必要です。

重心や姿勢に関しては「重心の位置( http://kenko.joyfullife.jp/archives/200508/23-1749.php )」を参考にしてみてください。お尻をキュッとあげた姿勢をとって走るだけで、少し速く走れると思います。スキーをやられるのであれば、滑る体勢をとると重心が土踏まずから拇指球の辺りにかかっていると思います。そのまま上体を真っ直ぐにしてたちあがっると重心が若干前にかかってお尻がキュッとあがった姿勢になると思います。この姿勢のまま、ほんの少しだけ前に倒れこむように走れば自然と体が進みます。姿勢がいいと細かいコーナーなんかでもバランスが取りやすくなると思いますよ。ダッシュの練習のときにこの姿勢に気をつけるだけでも、何も考えないで走る練習をするより効果があります。

股関節を使う感覚は、こちらのページ( http://ascii24.com/news/i/keyp/article/2004/10/10/651965-000.html )こちらのページに参考になることが書いてあるので見てみてください。ふくらはぎや足首の力で地面を蹴るのではなく、股関節の力を使うようにします。短期間ということなのでフォームが崩れて走れなくなってしまいそうであれば、無理に意識しすぎることもないと思いますが・・・。

では運動会楽しんでくださいね。

投稿者 管理者 : 2005年08月31日 09:51

ありがとうございます。とてもわかりやすい表現で、イメージがわきました。今日の練習から早速意識してみました。重心と姿勢は比較的意識しやすいのですが、股関節を意識するというのは結構難しいですね。でもちょっと意識するだけで、足取りが軽くなる感覚は、’走ること’に病み付きになりそうですね。
では当日楽しんで走れるように頑張ってみます。
おっと、主役は息子ですが・・・

投稿者 みーたん : 2005年08月31日 23:14

主役といっしょにみーたんさんも楽しめるのが一番ですね。それではこれからもよろしくお願いします。

投稿者 Anonymous : 2005年09月02日 09:14