トップ > 食事・栄養 > 活性酸素は悪くないかも

活性酸素は悪くないかも

少し前ですがこんなニュースがありました。

老化に活性酸素関与せず 日米チーム、従来の説否定

老化の有力な原因の一つとされてきた「活性酸素」が、実は老化に関与していなかったとの研究結果を、東大食品工学研究室の染谷慎一(そめや・しんいち)特任教員らと米ウィスコンシン大、フロリダ大のチームがまとめた。チームはさらに、細胞内小器官「ミトコンドリア」にあるDNAの損傷蓄積が老化の一因となるメカニズムを解明。15日付の米科学誌サイエンスに発表した。
 活性酸素は、体を酸化させ、遺伝子や細胞膜を傷付ける有害物質とされる。従来、活性酸素がミトコンドリアを攻撃して老化を促すと考えられていた。その働きを抑える抗酸化効果をうたった健康補助食品などが市場をにぎわせている。
 染谷特任教員は「マウスを使った実験で、活性酸素がミトコンドリアに障害を与えているとの見方が否定された。新たなメカニズム解明は、老化の抑制方法開発につながる」と話している。
(共同通信) - 7月15日3時4分更新

この研究が本当だとすると、例えばテレビでも話題になるような抗酸化作用うたったサプリメントはどうなってしまうのでしょう。

効果があるのかないのか分からないままに単純にテレビが煽った流行に乗ってはだめだということですね。いろいろな情報があふれているので惑わされやすいですが本質を見極めるようにしなければ、と私も痛感しました。
(私もにがりダイエットを試してしまったことがあります…)

効果が無くても試してみればいいやと思えるならいいですが、「無駄なお金を使いたくない」「もし健康に少しでも悪いものだったら嫌だ」と思うのであれば単純に流行に飛びつかず、冷静に情報を見極めなければいけないですね。

(7/20追記)

冷静に見極めるという意味では、単純にこのニュースを見て活性酸素が悪くないと思うのも早いようです。アンチエイジングブログを拝見すると上記の記事の続きとして、

チームは、「ミトコンドリアDNA」と呼ばれる、細胞核のDNAとは別にミトコンドリアが独自に持つDNAに着目。このDNAの損傷修復機能を失わせたマウスを遺伝子組み換えで作った。  すると、組み換えマウスのグループは、正常マウスのグループに比べてDNA損傷が加速的に蓄積。脱毛や白髪化、背骨の湾曲などの老化症状が見られ、老年性難聴の発症も確認された。  グループ内の最高寿命も、正常なマウスの約28カ月に対し約15カ月と短かった。また、ミトコンドリアDNAの損傷が蓄積するとアポトーシスと呼ばれる細胞死が増え、老化が進行することも分かった。  一方、ミトコンドリアの活性酸素のレベルなどを両グループで比べたところ差はなく、活性酸素や酸化ストレスの増加が、老化に関与していないことが分かったという。

と紹介されていて、簡単にいうと

ミトコンドリアの老化自体が生物の老化に直接関与しているのであり、活性酸素が老化に関与しているわけではないらしい

ということだそうです。
で結局

測定された活性酸素の量は老化の原因なのか、結果なのかがわからないということなのです。

と言うことなので、まだよくわからないという結論なのでしょうか。
ちなみにアンチエイジングブログには抗酸化力を持ったものを積極的に摂取することはからだにいいことだと思っていていいと書かれています。

詳しくはアンチエイジングブログさんの、
活性酸素が老化に関与しない?
活性酸素が老化に関与しない?~その2~
あたりを参考にしてみてください。

正しい情報を見極めるというのも難しいですねぇ。

« 筋肉を減らさず脂肪を減らすHIIT   プロテインを飲むタイミングと量 »

| 05-07-20 14:45

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.joyfullife.jp/mt/mt-tb.cgi/52