トップ > 筋力トレーニング > つらい筋トレを楽しくやる心構え

つらい筋トレを楽しくやる心構え

ゆっくり走ろうとかジョギングしたよかったことに書きましたが、有酸素運動は気分転換にもなるしつらくなるほど頑張ることも少ないと思います。(マラソンに出場したいと思うレベルまでいくと話は別ですが・・・)

でも「筋力をあげたい」「筋肉をつけたい」と思うのなら筋トレはつらいことが多いです。
まずトレーニング最中は全力を出し切ることが要求されます。普段ではありえない力を出さなりません。レベルが上がってくると、スクワットなど全身を使う種目では酸欠状態で頭痛になることもあります。トレーニング直後は腕が上がらず頭を洗うのにも苦労する・・・ということもあるでしょう。

トレーニング後は筋肉痛に見舞われます。筋肉痛が起こらない人や、起こらないようなトレーニングで結果を出す人もいますが、多くの人は痛みを感じると思います。普段の生活の中で体に痛みを感じるというのも、普通はあまりないかもしれません。

しかも、それだけ頑張ったにも関わらず、他人から「いい体になったねぇ」といわれるためには最低でも3ヶ月、普通は1年以上かかったりします。ましてや、つらいのが嫌で知らず知らずの内に手を抜いていると、1年以上たってもほとんど効果が分かりません。

このようなつらいトレーニングを続けるために私が思っているのは以下のようなことです。

1.少しずつ扱える重量が上がっていくことを喜ぶ

計画的にトレーニングを続けると、必ず結果がついてきます。前回よりも1回多く上がった、前回よりもほんの少しだけ重たい重量が上がった、というのがモチベーションを高めてくれます。

2.がんばってる自分を喜ぶ

筋肉痛などが起こるのは、トレーニングを頑張ったからだと思います。「俺(私)ってがんばっちゃってるよ」と喜べるようになれば大きな前進です。でも人に話すと変態だと思われるので気をつけましょう。

3.見た目の変化に敏感になる

鏡を見ましょう。筋トレでもこれが大事です。

4.短時間で集中する

高すぎる目標を掲げたり、種目数を増やして長時間のトレーニングをしていると飽きてしまいます。短い時間で、そのかわり集中してトレーニングをしましょう。最初は集中して短い時間で力を出し切るのは難しいんですが、意識していれば徐々にできるようになります。

5.頑張らない

つらいトレーニングは集中して頑張らなければいけないのですが、精神的に頑張ってはいけません。
どんなにプライベートが忙しくてもトレーニングしなければ効果がでない・・・なんて強迫観念があると長続きしません。週1日しかトレーニングできなくても、トレーニングできない週があってもいいんです。
たまに息抜きをしたり、休息期間をいれたりしながら長く続けられるようにしましょう。

私の経験で言うと、4、5を守りながらまずは1の効果を感じていると、自然と2の考えを持てるようになります。そこまで行けば、そのうち3の効果が見えてきてまたモチベーションが上がるという感じです。

« 朝食抜き?食事の頻度と量について   姿勢が悪い人2 »

| 05-06-22 13:44

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.joyfullife.jp/mt/mt-tb.cgi/32