トップ > 有酸素運動 > ジョギングと怪我

ジョギングと怪我

ジョギングと怪我

少しでも痛いなーと思ったら、無理はせずウォーキングに切り替えたり思い切って休みを入れたりしましょう。「ゆっくり走る」のと同時に「ゆっくり取り組む」というのも大事です。結果的に怪我が無いように気をつけてゆっくり取り組んだほうが、あわてて怪我をするよりいい結果が出るはずです。

ではどんな症状が出やすいのでしょうか?

症状1.膝が痛い
これはジョギングを始めたほとんどの人が一度は経験するのではないでしょうか?筋力不足やウォーミングアップ不足、また実力以上に距離を走ったときなどにおこりやすいです。

症状2.すねが痛い
シンスプリントの場合が多いでしょう。すねの前の外側が痛くなる場合と、後ろの内側がいたくなる場合があります。

症状3.かかとが痛い
足底筋膜炎の場合があります。体重が重い人などがなりやすいようです。身体が温まってくると痛みがひくため、無理をして悪化させやすいところでもあります。

症状4.腰が痛い
姿勢が悪いまま走ると、腰に大きな負担がかかって腰痛になります。姿勢に関する記事を参考にして姿勢を直すようにしてください。


これらの症状が出ないようにするためには、以下のことを実践してみてください。

対処1.姿勢・フォームに気をつける
偏った姿勢や、無理な体勢で走っていないか常に気をつけましょう。特にO脚やX脚の人は膝が痛くなりやすいです。つま先と膝の向きを常に一致させるように注意すると、膝の痛みが起こる可能性がぐっと低くなります。

対処2.ウォーミングアップ
いきなり走りはじめないでください。少し身体を温めたあとにストレッチをしてウォーキングから入る、というくら気をつけましょう。

対処3.ストレッチ
膝の裏、ふくらはぎ(アキレス腱)、土踏まずなどが固いと、足底筋膜炎やシンスプリントになりやすいです。自分でストレッチをしたり痛い箇所をやさしくさすったりしましょう。ストレッチは、足首をよく回し、つま先を持って土踏まずを伸ばすように足指を曲げたり、逆につま先を伸ばして反ったりします。

対処4.クッションのよい靴を履く
クッションのよい靴をはいてください。間違っても選手用の靴なんてはいてはダメです。レース用、選手用の靴は、軽くするため靴底が薄くなっています(選手は筋力が強いから怪我をしにくい)。クッションに加えて、土踏まずのアーチを保つようにサポートするような靴が良いでしょう。


あとはとにかく無理をせず、徐々に走る時間を伸ばしていくことです。ジョギングに関しては何事も慌てずゆっくりが大事です。

« 部分痩せは可能なのか?   効果的なダイエット~脂肪を減らして筋肉を増やすには・・・ »

| 05-06-08 09:53

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.joyfullife.jp/mt/mt-tb.cgi/20

コメント

思い当たるフシがありすぎです。(笑)
ウォーキングとジョギングを織り交ぜながらゆっくり走るようにしたら、確かにヒザもスネも治りました。
流石にもう痛くなることはなくなりましたが、ゆっくりを心がけて走ろう(歩こう)と思います。

投稿者 Gato : 2005年06月15日 09:04

>Gatoさん
そうです、この記事を書こうとしたきっかけはGatoさんの話です。
ゆっくり走ることで、徐々に筋肉などが鍛えられて痛みも無くなっていくんだと思います。

投稿者 管理者 : 2005年06月15日 11:35