トップ > 食事・栄養 > 炭水化物

炭水化物

日本人は炭水化物に偏った食事をすることが多いです。
ご飯にジャガイモの煮物、関西ではおかずにお好み焼きを食べることもあります。すべて炭水化物です。

炭水化物はエネルギーの元となりますが、あまったものは基本的に脂肪に変わって体に蓄えられます。これでは脂肪が増えるわけですよね。

肉や魚などはカロリーが高いと敬遠されることが多いですが、炭水化物に偏った食事をするくらいならダイエット中は肉や魚だけを食べたほうがマシです。なんといっても体を作るもとのたんぱく質が多く含まれますから。カロリー低めの食事をしても、たんぱく質をちゃんと取っておけば筋肉や骨がやせるのを防ぐことができます。

炭水化物をとらないというのはまずいですが、炭水化物に偏った食事にならないように気をつけましょう。
三大栄養素をバランスよく
とることを考えましょう。

« カロリー計算は難しい?   実は姿勢が悪い人たち、よい姿勢とは? »

| 05-05-31 22:06

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.joyfullife.jp/mt/mt-tb.cgi/13