トップ > 食事・栄養 > 三大栄養素とは?

三大栄養素とは?

炭水化物が多すぎるかなーという話を友人としていたところ、なんとその友人は炭水化物やたんぱく質が何なのかがあまり分かっていないようでした。

三大栄養素がなんなのかについては、覚えておいた方がいいと思います。
三大栄養素は特に重要な栄養素3つのことで、糖質(炭水化物)、たんぱく質、脂肪のことをいいます。

糖質(炭水化物)

エネルギーの元。とりすぎると脂肪に変わる。
主食(ご飯やパンなど)に多く含まれる。
甘いもの(砂糖)などももちろん炭水化物だが、吸収が早すぎてエネルギーとして使う前に脂肪として蓄えられやすい。

たんぱく質

筋肉や骨などを作る、体の元。エネルギーが足りないと分解されてエネルギーとして使われる=筋肉や骨が痩せる。そんなわけでダイエット中は注目が必要だが、たんぱく質をたくさん摂ろうとすると脂肪もたくさんとってしまいがち。工夫が必要。
肉、魚、大豆などに多く含まれる。

脂肪

これもエネルギー源になる。また、ホルモンの元になったりなど体の機能を発揮するために必須。ダイエット中の人に嫌われるが摂らなくていいということではない。

これくらい抑えておけば十分だと思います。ダイエットしようと思って、肉や魚を抜いていると炭水化物に偏った食生活になり、どんどん筋肉や骨が痩せてしまいます。詳細はおいおい記事をアップしますが、
「炭水化物ちょっと少なく、脂肪も少なく、たんぱく質はちゃんと摂る」
というのがダイエット中の基本路線になります。

« ジョギングを続けるコツ   ゆっくり走ろう→LSDのすすめ »

| 05-05-30 18:14

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.joyfullife.jp/mt/mt-tb.cgi/10