ダイエット中のおつまみに最適?鳥はむに挑戦

お酒はエンプティーカロリーといいながら、おつまみで結局食べ過ぎてカロリー過多しまうことが多いです。また、仕事で遅く帰って一杯やろうと思ったときに乾き物やスナック菓子ではちょっと・・・、でも調理するのもめんどくさいと思ってしまいます。
そこでいいおつまみを探していました。条件はこんな感じです。

・たんぱく質が多い
・低カロリー
・気軽(夜遅くに帰ってもすぐに一杯やれる)
・体に悪いものではない

ということで、前々から気になっていた鳥はむを作ってみました。

鳥はむについて詳しくはこちらで。
まとめページ
鳥はむの館
鳥はむスレッド ガイシュツリスト
Googleで検索

2ch発祥で見る前から毛嫌いする人もいるかもしれませんが、中々イイです。
オーソドックスに蜂蜜、塩(伯方)、胡椒での順でもみこんだ後にジップロックに入れてで2日間冷蔵庫で寝かせました。タコ糸で縛って茹でてから一晩冷蔵庫で寝かせたらかなりイイカンジになりました。

お酒を飲むとしてもおつまみを工夫すれば(中性脂肪には要注意ですが、)それほど太ることはない気がします。ダイエット中だからといって我慢しすぎるとリバウンドの元になりますので、お酒とも上手く付き合うようにしてみてください。

お酒の持つカロリーについては以下の記事を参考にしてください。
三大栄養素・アルコール・体脂肪のカロリー
お酒は飲んでも平気?

| 05-10-14 14:55 | トラックバック (0)

某コンビニ弁当のカロリー表示と成分表示

何日か前に、大手のコンビニのお弁当を買うことがありました。
するとカロリーが大きく表示されていてこれはこれでなかなかいいなと思ったのですが・・・

成分表示がなくなっていました。
たんぱく質、炭水化物、脂肪がどれだけ含まれているかの表示が見にくい裏面に移動してしまい、総カロリー表示だけ見やすくなっていたのです。

たしかにカロリーを気にする人は多くなり、それに対応するのはわかるんですが、三大栄養素がどれくらい含まれているかくらいはもう少しわかりやすく表示しておいてもらいたいと思うのは健康オタクなんですかねぇ。

総カロリーだけ考えてダイエットすると、たんぱく質が足りなくなることが多いです。バランスよく食事するためにも、成分表示を見る癖をつけたほうがいいと思います。

| 05-09-28 18:33 | コメント (2) | トラックバック (1)

アイフルのCMが教えてくれること

ボディビル編のCMのことなんですが、間違って解釈している人がいるようです。

ちなみにCMはこちら
CM情報 トップ
ボディビル編(15秒)
ボディビル編(30秒)

あのCM(特に15秒編)をみて、鍛えすぎてムキムキになってしまったから計画性がないと思っている人がいるようです。そうではなく、脚を鍛えなかったからバランスが悪くなってしまったというオチでしょう。

あそこまで極端ではないにしても、上半身ばかりを鍛えて上半身と下半身のバランスが崩れている人はかなり多いと思います。もしかしたら上半身の中でもベンチプレスとアームカールしかせずにバランスを崩している人がいるかもしれません。

下半身の種目はつらいですが、ぜひ取り入れて全身を鍛えるようにしましょう。下半身は大きな筋肉なので脂肪燃焼効果も大きいです。

CMについてひとつだけ問題があるとすれば、半年であんなに体が大きくなることはありません。あんなにムキムキになりたくないよという人でも、ダイエットには筋トレを取り入れましょう。

| 05-09-20 10:31 | コメント (2) | トラックバック (0)

がんばらずにダイエットする

マジメな人ほど、休むことを恐れていつも疲れを感じながらダイエットを続けてしまうことが多いと思います。

運動していても記録が伸びない、食欲がない、夜眠れない、元気がでないなどの症状があれば、食事量が少なすぎないか?休息が少なすぎないか?をチェックしてみてください。無理を続けると、結局痩せるには遠回りになったりリバウンドしたりと逆効果です。

なかなか効果がでず、運動も頭打ちになっているようだったら、思い切って1~2週間くらい休みをいれましょう。暴飲暴食はよくありませんが、普通に食事を取りながら運動も休みます。もしかしたら多少体重が増えるかもしれませんが、その後の効果を考えればそれくらい軽いものです。

あまり根を詰めず軽い気持ちを持つことも大事だと思います。
(「ダイエットは明日から」や「三日坊主」でダイエットを全然継続できない人は別かもしれませんが)

| 05-09-14 16:29 | トラックバック (0)

ジョギングの能力向上

ジョギングの能力向上をどのように把握するかについて書いてみようと思います。マフェトン理論に関係する話です。
マフェトン理論については、過去の記事(ジョギング中の心拍数とマフェトン理論)を参考にしてください。

ジョギングにおいてはやはり同じ距離を走ったときのタイムか走ることができる距離で能力をみることになるとおもいますが、「ゆっくり走る」という大前提からすると息を切らしてタイムを計るのも趣旨と違う気がするし、どれだけ距離を走れるかを計るのも時間がかかったり体にダメージがあったりで難しいです。

マフェトン理論ではトレーニング効果を計るためにMAFテストというものを行います。簡単にいうと、目標心拍数を保って走ったときに、決められた一定の距離を走ったときのタイムを計るというテストです。

30歳で順調にジョギングを続けられている人は、目標心拍数は180-30で150になります。
いつも走っているジョギングコースで決められた区間(距離が分からなくても決まった同じ場所なら問題ありません)を心拍数150に保ったまま走ったときのタイムを定期的にチェックします。このタイムが縮まっていればトレーニング効果が着実に出ていることになります。

こうすれば、学生のときの体力テストで1500M走ったときのように無理をしなくても、トレーニング効果を見ることができます。

このテストをやるためには心拍計が必要になるわけですが、トレーニング効果を知りたい、効率的にトレーニングしたいという思うのであれば一度は使ってみる価値があると思います。

マフェトン理論については、この本が参考になると思います。

ポラール心拍計 m31(トランスミッター付)
ポラール 心拍計

| 05-09-13 18:28 | トラックバック (1)

プロテイン vs アミノ酸

アミノ酸関連のサプリメントやドリンクをとっている人が多いですが、プロテインというと特殊なものだと思われることが多いです。(たまに薬だと思っている人もいたり。。。)
実際にはプロテインとは単純にたんぱく質のことで、たんぱく質はアミノ酸が結合したものです。たんぱく質の種類によって含まれるアミノ酸の種類や量が変わります。アミノ酸の種類によって確かに働きは異なりますが、根本的には同じようなものだと思っていいと思います。

アミノ酸とプロテインの一番大きな違いは吸収率と吸収スピードです。プロテインは体内で分解されてから吸収されるため、もとから分解された形のアミノ酸は吸収率やスピードが、プロテインに比べて優れています。

しかしサプリメントとして摂ろうと思った時には、一番大きな違いは価格なのかなと思います。同じ量摂ろうと思うとプロテインのほうがかなり安いです。具体的に言い換えると、BCAAのサプリメントを飲むのなら、BCAAを多く含むホエイプロテインを飲んだほうが安いわけです。
例えば定価で比較すると・・・アミノバイタルプロ(120袋入り)が、合計540gで約20000円。健康体力研究所の100%CFMホエイプロテインが700gで約5000円。厳密にはそれぞれのたんぱく質(アミノ酸)含有割合も計算しなければ比較できませんが、明らかにプロテインのほうが安上がりです。

ということでサプリメントを摂取するのであればまずはプロテインを基本として考え、運動直前などすぐに体に吸収させたいときにアミノ酸系のサプリメントを必要に応じて摂取するのがいいと思います。

100%CFM ホエイプロテイン ココア 700g
100%CFM ホエイプロテイン ココア 700g

アミノバイタル プロ 120袋入
アミノバイタル プロ 120袋入

| 05-09-09 13:51 | トラックバック (1)

ジョギングの時の服装

ジョギングを始めたころは、何も考えずに普通のTシャツやスウェットを着ていました。ところが汗をかくと生地がまとわりついて不快です。でも今は乾きやすいスポーツウェアが多く、汗をかいても不快にならないものが多いです。

NIKEなどスポーツメーカーのウェアを高いお金出して買わなくても、ユニクロのBODY TECHなんかもかなりいい仕事してくれます。DRYアイテムでもいいかも。服装を変えるだけでジョギングの楽しさがアップすると思います。

それからサウナスーツだけはやめたほうがいいです。脱水症状の危険性を高めるだけです。汗を無理矢理多く出しても、脂肪が減るわけではありません。

| 05-09-05 19:20 | トラックバック (0)

初動負荷理論

8月31日の記事のコメントで、興味深い示唆がありましたので一応記事からもリンクをはって紹介しておきます。
走り方や重心のとらえ方について

コメントを頂いた方からも小山裕史先生の「奇跡のトレーニング」という本を紹介されていますが、確かにいい本だと思います。走り方や投げ方、打ち方などが紹介されています。

初動負荷理論は、大リーグのイチロー選手や、100M 10.00の日本記録(たしか黒人以外の世界最高記録だったかな)をもった伊東浩司選手などが取り入れていたトレーニング理論です。

今話題になっている古武術の動きだとかナンバだとかも、小山先生のおっしゃっているトレーニング理論と根本の部分は似通っていると私は感じます。

初動負荷マシンを利用できる施設が少ないのが難点ですが、走り方や巻末のちょっとした体操だけでもこの本の価値があると思います。

参考にしてみてください。

| 05-09-02 10:05 | コメント (31) | トラックバック (0)

泉ピン子さんのダイエット法

泉ピン子のダイエット人生

最近ダイエットの成功例としてよく見ますね。
適度な運動をして食事制限という、オーソドックスな方法です。
すごくいいことも書いてあります。運動を継続する。食事を見直す。ミネラルなどが足りなくならないように多くの品目をバランスよく取る。よく噛んで食べる。みんな大事なことです。

でもテレビでみたところ、食事内容には少し疑問を感じました。
いくらなんでもカロリーを抑えすぎじゃないだろうかというような食事内容だった気がします。私が見たテレビでは1000kcalを切っている食事内容でした。
ブログにも1200kcalをめざし、と書いてありますがそこまで減らすと減らしすぎです。たんぱく質も足り無そうな食事内容だったので、筋肉や骨も一緒に痩せてしまいそうです。

それからサプリメントに頼るというのも疑問です。
まずは運動と食事、補助的にサプリメントというのなら分かりますが、いかにもサプリメントが大事だというように話をしているのが気になります。(そのほうが商売的にもいいだろうし、これ飲めばいいと言ったほうがとっつき易いのでしょうが・・・)

画期的な新しい方法であるかのように次々と○○流ダイエット法なんていわれますが、あまり惑わされすぎないようにしましょう。
冷静に考えて、いいところだけうまく取り入れてダイエットを成功させられるといいですね。

| 05-08-31 10:15 | コメント (10) | トラックバック (0)

よい姿勢に関する疑問

昔、壁に背中をぴったり付けて立った姿勢が良い姿勢だと教えられたことがあります。かかととお尻と背中と頭を壁につけて立てというのです。
でも最近、これって本当なのかなーと疑問に思っています。

なぜなら、お尻と背中と頭を壁につけると重心が後ろに行き過ぎてしまうからです。どう考えてもお尻と背中を同時に壁につけると、上体が後ろに傾いてしまいます。

全部が悪いというわけではなく、胸を張るという意味で背中を壁につけてみるのはいいことだと思っています。壁に背中をぴったりつけると胸が張った状態になると思います。またお尻と背中をつけてみて、腰のアーチが保たれているかどうかを確認するのもありなのかなぁと思います。

それでも、お尻がキュッと上がっていて上体が真っ直ぐ立った姿勢をとった場合、お尻と背中が壁に同時につくことはないと思います。

| 05-08-29 16:36 | トラックバック (0)